「淡交タイムス」とは:茶道裏千家淡交会総本部が毎月発行している冊子です。

茶道裏千家の浜松青年部から打診があり、今年の6月6日に「はじめまして交流会 in 禅寺」を正光寺にて開催しました。

新入会員5名を含め、合計24名の方がお寺に集まりました。

「はじめまして交流会」を禅寺で行うのは初めてという事で、坐禅を通して和合を計られたようです。

【プログラム内容】

①開会式の後、本堂にて御本尊様に般若心経を読誦

②15分間の坐禅を二炷

③休憩

④総茶礼を応用した呈茶

⑤法話

⑥閉会式(新入会員紹介)

というプログラムです。

総茶礼も修行道場に倣い、一言も言葉を発さずに行なう厳粛な儀礼です。

鳴り物で全員の意思疎通を図り行動を共にする事で、新入会員含め会員皆様の心がひとつになったように見受けられました。

皆さん茶道を嗜まれている方々でしたので、坐禅初心者の方がほとんどでしたが、坐禅をしている姿も大変様になっていました。

茶道裏千家淡交会浜松青年部の皆様の益々のご発展を祈念致します。

おつかれ様でした。

岑月
shingetu.9.1@icloud.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。